読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Journal

宮城においでよ。

更新について。

001 記録

全然更新できてないんですが、本当に三日坊主だなと反省。

個人的に師匠と尊敬してる大槻さんとかほんと…すごいんですよ。伊達仲間に入れてもらえてるのほんとううれしい…。

5月以降何してたかだけざっくり記録。そのうちまとめられたら更新します(予定は未定)。

5/14~15 仙台・青葉まつり

5/31 仙台・輪王寺

6/4 奈良・橿原神宮大神神社石上神宮

6/5 大阪・石切神社

6/20 岩手・平泉

7/12 仙台・輪王寺(ポトレ撮影)

7/20 仙台・資福寺

7/26 目白・永青文庫(歌仙ちゃん)

8/13 宮城・松島

8/23 岩手・平泉

9/24 宮城・船岡城址公園

10/9 仙台・青葉神社秋の例祭(芋煮担当)

10/10 宮城・白石市

10/28 仙台・地底の森ミュージアム

11/8 東京・三井記念美術館瑞巌寺伊達政宗展)

11/9 東京・クラーナハ

11/17 米沢・上杉公園(伊達氏&上杉氏)

11/24 愛知・岡崎城・矢作神社・誓願寺

12/6 仙台・大崎八幡・東北歴史博物館

12/7 宮城・鹽竈神社瑞巌寺・円通院

こんなかんじですね…

関係ありませんが、月一で東京遠征して舞台観劇していますのでそれを含めると…悲惨…舞台レポとかかけたらさ~かっこいいんですけどね~鳥頭なので観終ったら「すごかった」「やばい」しか語彙がないポンコツなのでね…

気が向いたらまたちょっとずつ更新します。

 

金蛇水神社。

002 写真 001 記録 003-1 史跡 ― 宮城県 003-0 史跡 ― 全般
5月10日。
前日職場のテレビで見かけた、金蛇水神社のぼたんまつりに行ってきました。
花の中で牡丹の花が一番好きだな。花の王様と言われるだけあって綺麗でございました。

  • 創始年代は不詳。
  • 人々がこの地に住み農耕をはじめた時に、山より平野へ水の流れ出るこの場所に、水神を祀ったものと思われる。
  • 社名についてはこんな話も。
一条天皇の御代(986〜1011年)。
京都「三条の小鍛冶宗近」は、天皇の御佩刀を鍛えよとの勅命を受け、名水を求めて諸国遍歴中この地に至り、水神宮のほとりを流れる水の清らかさに心をうたれた。
早速、水神宮に祈願をし、炉を構えて刀を鍛え始めたが、カエルの鳴き声で精神統一ができず、よい刀が打てずにいた。
そこで宗近は巳のお姿をつくり、田に放ったところカエルはピタリと鳴き止んだ。
無事素晴らしい刀を鍛え上げることができた宗近は神への感謝のために巳のお姿を献納し都に帰った。
 以来、水神宮ではこれを御神体と崇め、社名も金蛇水神社と称するようになったと言う。
審神者の私は「三条宗近?!」と慌てました。
因みにうちの本丸にはジジイいません来ません(poketで来てもらった勢)
御神体の蛇さんはこちら。みんな触るからつるつる!
f:id:ho_xx:20161107224239j:image

三条宗近といえば、宮城県大崎市に「剣神社」がありますね。
剣神社
  • 宮城県大崎市古川斉下字宮浦38
  • 988年、三条小鍛冶宗近が社殿を造り、二神を祀り「三宝荒神剣の宮」と称する。
  • 宗近は「身洗いの池」を掘り、湧き出した清水で身を清め、神社に祈願して一刀の陣太刀を鍛えたという。
まだ行ったことないのですが、なんというかかなりの田舎だそうです。

話を戻しますが、ぼたんまつりは初日でしたが平日であいにくの雨ということで…客は私しかおらず…(なんだか既視感)。
今回の相棒はOLYMPUS pen-lite E-PL6ちゃんです。
f:id:ho_xx:20161107224906j:image f:id:ho_xx:20161107224917j:image f:id:ho_xx:20161107224953j:image
花撮るのって難しいですね。
それから、金蛇水神社は九龍の藤が有名です。
f:id:ho_xx:20161107225140j:image f:id:ho_xx:20161107225153j:image

お腹が空いたので、金蛇稲荷というお稲荷さんをいただきました。
f:id:ho_xx:20161107225308j:image
おいなりさんの中身は、ほぼ助六。それから山菜。
美味しかったです〜!

一目千本桜。

002 写真 001 記録
4月10日。お休みがもらえたので、大河原・船岡の一目千本桜を見てきました。
公式サイトによると、
大正12年に高山開治郎氏の寄贈により、千本余りの桜を植樹された。
とのこと。とにかくすごい。

今回のルートですが
このルートだと混むところの最初で降りて、混むいちばん最初から乗れるので、比較的楽…?
この時期のJR東北本線は大河原〜船岡間は桜見物に徐行運転ですので、乗りながらまた見物も出来ますね。
とにもかくにも激混み( ; ; )
スニーカーや歩きやすい靴でいくのがおすすめ。

f:id:ho_xx:20161102222903j:imagef:id:ho_xx:20161102223039j:image
ぶわーっと白石川・JR本線沿いに8km桜並木。
2015年4月には柴田桜歩道橋も完成して、見物しやすくなりました。
撮り鉄は歩道橋からこーんな写真を撮っております
f:id:ho_xx:20161102223214j:image
JR沿線の桜並木を歩いて歩いて歩くと、船岡城址公園へ。
歴史的な船岡城はまた語るとして、公園はお花で有名。
f:id:ho_xx:20161102223212j:image
そんな「樅の木は残った」で有名な樅の木からJR沿線を撮影。
すげー…(語彙力)

激混みだったので乗りませんでしたが、船岡城址公園にはロープウェイもあります。
ロープウェイで観音像へ向かいながら桜の山を見るのもよかったなぁと思いながら、激混みだったので諦め、、、

来年は乗りたいものです。

臥龍梅

002 写真 003-1 史跡 ― 宮城県 003-0 史跡 ― 全般 001 記録
4月5日。松島の瑞巌寺本堂の再拝観スタートしました。
念願の…念願の…臥龍梅…!

というわけで、行ってきました。4月5日に。
ど平日ということもあって、空いてる空いてる。日本三景の観光地、こんなんで大丈夫か
今までフェンスで隠されていた本堂。まだ工事のカバーが外し切れていないけど、門抜けるとそこは念願の臥龍梅がありました。
f:id:ho_xx:20161028224813j:image
こんな感じ。紅白両方あるんです。

この臥龍梅を見たくて、地元愛知から何年隔月で宮城に通ったことか…感動( ;  ; )
f:id:ho_xx:20161028223845j:imagef:id:ho_xx:20161028223858j:image

この臥龍梅ですが、伊達政宗こと政宗公が朝鮮から持ち帰った紅白の梅の木です。
  • 1593年(文禄2年)、文禄の役にて朝鮮出兵していた政宗公が帰還。
  • 当時の政宗公は26歳。鉢植にして持ち帰る。
  • 1609年(慶長14年)、瑞巌寺落慶のときに本堂正面に手植えされた。
  • 樹齢ザッと400年。長生き。
  • 幹の龍が地面を這うような姿・八重咲でかたまって実をつけるので「臥龍八房」とも呼ばれる。
根回りや主幹の一部は朽ちてしまって支柱に支えられている姿は「年衰えて車椅子だが風格のある元武道家の師匠」みたいな風格。語彙力なくてすまんな。


以下臥龍梅についてまとめてみました。

  • 1592年 朝鮮出兵文禄の役)の際、梅を鉢植にして持って帰る。当時政宗公は岩出山城に住んでいたので、岩出山城に植えられる。
  • 1601年 政宗公、仙台城に引っ越し。梅移植。
  • 1628年 政宗公、若林城に引っ越し。梅移植。若林城は現在刑務所なので、イベント時以外観覧不可)

臥竜梅の所在地
①若林刑務所仙台市若林区
  • 若林城(現・若林刑務所)の臥龍梅は2代目。持ち帰った初代の梅を接木したもの。
  • 白梅。
  • 樹齢350年くらい?
  • 国内最大級なので国の天然記念物に指定されています。
②西公園仙台市青葉区
  • 若林城跡から1875年(明治8年)に分植。
  • 樹齢200年くらい。
  • 白梅。
  • 仙台市の保存樹木。
瑞巌寺(松島)
④大願寺仙台市青葉区
  • 政宗公の灰塚がある。
  • 瑞巌寺の後継木がある。
  • 紅梅。
瑞鳳殿仙台市青葉区
聖ウルスラ学院一本杉キャンパス仙台市若林区
⑦旧亘理邸宮城県登米市
ウルスラ学院のはちょっと見に行けない…かな?

次もまた見に行けるといいなあ。

はじめまして。

001 記録

はじめまして。

ツイッターだと読みにくいし、いい加減ブログ作ったら?」って言われたので軽率にブログはじめました。
基本的に私は読む専ですが、たまに自分でなんか書いてみようかなって。できるかな、大丈夫かな。きまぐれに書きます。よろしくお願いします。
 
書いてる人ってどんな人?って言われると難しい。
東北に住んでる20代。医療系の資格で飯を食っている。たまに仙台の観光地でガイドやってる。
本当は雑食性のオタク。生まれた時から息をするようにオタクだった。腐女子だし夢女子だし、最近は2.5次元沼にもドボンしたプリパラアイドルだしポケモントレーナーだし陸奥国審神者もしてる。
メインジャンルは歴史。東北戦国史かなあ。古代史とか宗教史にも首突っ込んだり、美術分野にも片足突っ込んだり、最近は明治黎明期も気になる。
あとは写真撮ったり、旅行したり、本を読んだり、ジェラトーニ撮ったりしてる。愛機はNikonのD7000。
軽率にネタバレもするし、ネタバレ歓迎派。
 
そういうのもたまに書いたりする予定(未定)。